FC2ブログ

生きる

 ウサギが鳴かないのは、ウッカリ鳴いて居場所を知られ捕食されないためらしい。インコとか鳥も死ぬ寸前まで病気を隠そうとするらしい。弱みを見せないんだって、敵に付け込まれるから。 …ああ、だからニンゲンも「死にたい…」なんて言っちゃあダメなのだろうか? と思ったんだけど、言葉を持っていてそれを使える人間が「死にたいほど苦しい…」とか「とても苦しい…」と言えないなんてオカシイんじゃないか? とも考えられる。だいたいジンルイがサバイブできた、生き残ってこれたのって“助け合った”からだって聞いた。食べ物を分け合い集団で暮らしたから生存できた、んだって。言葉だってその活動を“助け合い”を円滑にできる様にってんで発達したのかもしれない。 …でも、さかなクンが言ってたんだっけ? あれ? この場合、さかなクンさんと言うべきなのかな? ま、それは置いといて。メダカ? 小さな魚をたくさん入れた水槽、よ~く見てると、他の魚をイジメる個体がいる。で、ソレを水槽から出して平和になるかというと、また別の個体がイジメを始めるんだって。で、広い自然界では、海や川、池ではこんな事は起きない、らしい。どっかで聞いた、と思う。だからイジメって不自然な世界で起きるのかもしれない。「死にたい…」というのも、不自然な世界にいるから起きるココロの悲鳴なのかも、しれない。なら… 解決方法は広い世界に出るしかない、のかな? でも広い世界ではイジメは成り立たないけど弱肉強食なのかもしれない。でも、ニンゲンの世界はそれでも“助け合い”もあるかもしれない。 …どこにも天国は無いかもしれないけど、地獄しかないって決めつけるのはマダ早い、のかな? 世界、ってやっぱ広くて、まだ私もよくわかんないや。まあ、それはノホホンと生きて来たからで、別の人は「世界狭っ!」と思ってるかもしんない。けど、そーなら、月や火星に世界を広げるという手もある、やっぱ世界は広いのだ。死んでる場合ではないのだ。ノホホンと生きよう、私は。20201113++
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR