FC2ブログ

消退不明

 トントントントントントン、真夜中に寝室のドアをノックするナニカ。怖いよ、だって音の位置がメチャクチャ高い。■霧のかかった川の向こう。オイデオイデをする黒い髪、白い着物の女性。行こうとする私を後ろから引っ張り「行っちゃダメ!」あ、ばあちゃん… 去年死んだ。ばあちゃん、でもソッチは寒いよ? 暗いよ? どこ行くの? ばあちゃん? ■夜釣りから持ち帰ってバケツの中の釣果を見る。みんな頭だけ残して食い散らかされている。誰が?何時? 「はぁ」自分がついた溜息が生臭い?■「ソロキャンプ、ってんじゃないよ。もう100年もここで暮らしている」 失礼しました、降ろした荷物を背負い直し、黙礼して慌ててその場を離れる。■早朝、電信柱にしがみついているのは軽自動車ほどの巨大なセミの抜け殻。見渡すと道の先にも… あちらにも向こうにも。■夕焼け空に浮かぶUFO。あの有名なアダムスキータイプ、ひとつじゃない、空一面に数えきれないほど。でも、ひとつひとつは直径2メートルほど。下部の3つの球体が脈打ってる。生き物?■職場の従業員用階段をガンガンガンガン!鉄下駄で降りてくるのか? 誰だ? でも正体はわからない。ガンガンガンガン!音だけがすれ違う時「邪魔!」野太い男の声に怒鳴られた。■ある晴れた日に 20210213-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR