FC2ブログ

休館日

 図書館で働いている。今日は休館日。休館日は図書館お休みじゃないの? だけど働いているのだ。書架整理や、展示資料の交換、などなど、やる事は多いのだ。そんな休館日の昼休み、利用者が館内にいない時、いろんなところで昼飯を食うのが俺のひそかな楽しみ。今日は参考資料室、まあ、いわば勉強する部屋、だね。いつもと違う場所で、独りで食事をするのも良いもんだ。で、コンビニで買ってきたサンドイッチを口に運んでいると… 向こうの書架、本棚の陰からこちらを覗き見する顔がある。マタかい。ああ、足の付け根じゃないよ… 冗談だ。本棚の側板、スチール製の書架の両サイドに付ける化粧板に鼻をこすり付けて、恨みがましい表情の男… 本棚の陰に隠れ上半身を90度左に曲げて、顔をのぞかせている。人間なら、生きている人間なら、あんなカッコでいれば身体が書架の向こうに、本棚のスキマの向こうに見えるはずなのに… 見えない。参考資料室の書架はけっこうスカスカなんだ。なのに、顔だけが側板の向こうから覗いてる。身体は、無い。これだけの事を冷静に見て取って、確実に生きている人間じゃない事を認識すると、俺はズボンの後ろポケットに入れている小型の銀玉鉄砲を抜く。何でそんなモノを持っているのかって? こーゆー事があるからだよ! オバケが出るからだよ、この図書館は。そんでオバケを狙って銀の弾丸を撃つ。正真正銘のおもちゃの銀玉で、狼男を倒す銀の銃弾ではないけどな。でも、コイツラにはこれで充分。オバケ? いるはずのないヒトは、俺の行為に驚愕し威嚇と非難のまなざしを残して消える… ハァ… 本を読みましょう! みんな言う。本を読んで豊かな人生を… 生涯勉強を! リッパな人間に… ハァァァ… 本を読めば、イイコトズクメ? けど、この世に未練を残す様になる人間も、多いみたい。だから、ここは、未練を残した? 成仏できない? 読書と勉強大好きな魂? 幽体? プラズマ? 何だかわかんないモノが住み着いている。どうして? 知るかよ。わからないから、本読んで、勉強して、そんでわからないから… ここに居るのかもしれない、居続けるのかもしれない、図書館に。ヤダネ、読書家、勉強家は。早く成仏しろよ。ッタク! 20141227-3+++
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR