FC2ブログ

理不尽

 ただいまあ。ま、昔からの習慣で、帰宅のあいさつをして家に入る。自分で鍵を開けたんだけどね。その時点で家の中に誰もいないのは解かってんだけどね。ウチの親、共働きだし、俺ヒトリッコだし。 …でも、家に入る時は「ただいま」それは癖になってんの、俺。そーだよ、俺イイコなんだ。んですぐ2階に上がりカバンを置いてジャージに着替えて、また下に降りてキッチンで喰い物を探す。育ち盛りはとにかく腹が減るのだ。で、カップ麺を見つけて「めええええ」 !? 俺じゃないよ、リビングで声がする。リビングにヤギがいるワケじゃない。明らかに人間が、いい大人がヤギの無きマネを、あまりうまくもない鳴きマネをしている。「メエエエエエ。エ」ふざけてんのか? などと怒らない。誰もいないはずの自分の家で「メエエ」ヤギの鳴きマネをしている人間がいる、のは怖い、恐怖。でも、悪意や殺意、までは感じられなくてリビングに移動する、ゆっくりと。こんなバカするのは …ヒロフミおじさん? 父さんに言うぞ。 ? でも、声が、違う。 …リビングのテーブルに小さなダンボール箱が、朝家を出る時は無かったはずの段ボール箱がある。縦横奥行各30センチくらい? 贈答用のスイカ? の入った箱くらいの大きさの箱がある。手に持つと、…重い。ホントにスイカでも入ってんのか? ガムテープをはがしふたを開ける。 「ギャハハハハ! 早く開けろよ! 息つまるだろ! ギャハハハハハハァ!」箱の中に濃ゆい男の顔を確認すると同時に箱を放り投げた。箱が床に落ちる前に目は覚めたけど、「ギャハハ」って笑い声はずっと耳に残った。気持ちの悪い汗をかいている、なんて夢だい…
 でも、定時に家を出て職場に向かう。いつもの駅でいつもの急行に乗る。いつも通り満員。いつもと違うのは、2駅目で乗り込んできたらしい男が、俺の後ろから肩をつかんで「オイオイオイオイ! 人のアタマ、投げやがって…」 …振り返る勇気はない。20150120+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR