FC2ブログ

先輩の事

 忘れてた… 俺には、この会社に就職した時、1人の先輩がいて、なにかとお世話になっていた。で、仕事に就いて1年くらい経ったある日の事、二人で行った出張先から直帰でOKとなった。先輩が「まあ、一杯行こうか、飲めるんだろ?」 酒は嫌いじゃないし、ってか好きだし、先輩にもお世話にはなってるけど、そんなに話をしたこともないし… で、飲みに行った。けっこう大きなターミナル駅、の繁華街。知ってるとこがある、って先輩が連れて行ってくれたチェーン店じゃない居酒屋で軽く一杯。ああ、大人の飲み方、勉強になるなあ。そんで言うのさ、先輩が。「お前もそろそろオトナの仲間入り、の歳だよな? もう一軒行こうか。そろそろこんな事する店を知っといてもいいだろ。」 え? ええええええ! それはもしかして… アレ? アッチのお店? ってかHの… って事? はあああああああ❤ こ心の準備が… そりゃ私、確かに… でも。 …でもしっかり先輩の後について行った。「まあ、仕事してるとストレスもたまるからな、こーゆー店も知っといた方がいいんだ…」聞いちゃいねえ、いえ! 聞いてますっ! 俺、でも心の中では、いよいよ、いよいよ、いよいよぉ! いよいよおおお! おおおおおっ! 先輩っ! 一生ついて行きますっ!
 んで、言った先は… ゲームセンター… で先輩が始めたのは「ゼビウス」 ほれ、おまえもやれよ… って…
 先輩、今はもういない先輩。定年まじかになって、懐かしく思い出します。あんだけ強烈なイジリ初めてでした。ホント勉強になりました。ハハ…  チックショー! (ああ、先輩は転職したんで、死んじゃいないからね、念のため。)20150212+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR