FC2ブログ

創造者の苦悩

 昔、筒井康隆先生の書かれた「東海道戦争」ってSFがあった。私は高校生の時読んだと記憶してるけど、出版年は1965年。これ、東京と大阪の戦争が始まった、って物語なんだけど、1992年から1995年まで続いたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の予言じゃないかなとフト思った。でも、 …あれ? 何か忘れてるよと思って調べなおしたら、1971年の「三丁目が戦争です」の方がより近いか? これ、団地と戸建ての住宅地の住民の争いがエスカレートしてって話だと記憶してる。読後「そんなアホな…」と思っていた、でも現実の方は… 作家がどんなに奇抜な事を思いついて物語にしても、人類はもっとグロテスクな現実を創り出してしまう。 …ううう、負けるもんかっ! もっともお~っと変な事を思いついて… ああ、それが現実になったら、どうしよ。20150311+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR