FC2ブログ

止水

 紅葉がきれいだ。紅葉狩り、なんてしゃれた事はしないんだけど、ふらりと訪れた土地で、こんな… 眼福眼福。ところが視線を落とすと男が、薄汚い身なりの男がしゃがんで地面を、ああ? そこだけ切り取ったような円形の水溜り? 最初、丸い鏡が仰向けに置いてあるのかと、いや、本当に鏡? 美しく空を映したその水鏡をもっとよく見たくて、私の視界を邪魔するみすぼらしい男に「おい!」その声の思わぬ大きさに驚き振り返る。しゃがんだままで俺は振り返り、いつの間にか背後に立つ汚らしい、ぼろぼろの衣服を、衣服だったものを何重にも身体に巻きつけた… 俺を見る。ああ、ダメだ。このままでは、と思い立ち上がろうとして後ろに、倒れる。誰かが俺の背中の衣服の残骸を引っ張った、ようにも思うがまあそれはどうでも良い、事の様に、今では。人生の最後にたどりついたココで美しいモノを見付けて魅入っていた時に、この最後は… 心地よい。鏡、美しい燃える様な紅葉を映した鏡が、いや鏡の中に、入って、落ちて… 鏡面に、丸い鏡面に、俺を凝視する私の驚いた様な間の抜けた顔が、しかし… その時… 水の中で聞く大気中の声のように… 「おぉぉぉぉぉいぃぃぃぃ!」 俺の、私の、僕の声だ… 20150410
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR