FC2ブログ

孟母参戦

 昔母親からトモダチの話を聞いた。何しろムカシ、小学生の時だ。ハハオヤに友達、その存在がまず理解できなかった。ああ、でも、ハハオヤにもトモダチがいるんだ… と漠然と無理やり納得してた。そう、大人に同僚やお隣さんはいるけどトモダチは… と思ってたんだ、正直。で、そのトモダチは、やはり母親で、自分の子供にこう言ってたんだって、「友達にするなら自分より成績のいい子にしなさい。」 これはその母親から自分の息子の友達として認められるレベルに無い俺でも矛盾に気が付いた。テスト80点の子は90点の子と友達になろうとしても90点の子からすれば80点の子は成績の悪い子、友達にふさわしくない子供だよね。俺、正直その母親はバカだと思った。 …少し考えて、総合点ではなく教科別の点数の場合は成り立つ、そう推論した。算数が得意な、でも国語が苦手な子供は、国語が得意で数学が得意な子供と友人になれば互いに欠点を補完できる、ってね。そう、俺は納得力が強かったから… でも、今考えると、現実的ではない、気もするんだなあ… どうなんだろ? あんた成績良かったなら、解かる? この状況?
 しかも話はそれで終わらない。そんな母親だから、子供に対して多くの要求や課題を与えていたらしい。そんである日、午後の11時頃、夜中だよ。全ての課題が終わった時、「さあ、いいわよ。遊びに行ってらっしゃい。」って自分の子供に言ったんだって。課題が全て終わったら遊びに行っていい、って子供と約束してたらしい。 シンデレラの母親か? 俺は思った。で、 …俺の母親は、それから先を話してくれなかった… 小学生だった俺も「ひどいね」と返しただけだった。
 …けど。 今、大人になって考えると、想像すると、妄想すると、 …これは怖い話だ。恐ろしい話、だよ。 …その母親も、その子供も、 …とりあえず生きているといいなぁ。ムチャクチャになってても、生きていればまだ取り返しが… つくかなぁ? つくといいなぁ。あれから何年も何十年も経ってるんだ、和解してると、ホントいいなぁ。 ―でも、タブン… 俺には、明るいビジョンが見えないよ。20150811-2+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR