FC2ブログ

図書館へ行こう

 ああ、大人って汚いっ! なんてね、俺もジジイだけど。 …俺、知ってんだ。平成27年8月27日の朝日新聞の朝刊、38面「死ぬほどつらい子図書館へ」 そう、確かに死ぬくらいだったら図書館に来て、ちょっとボーッとして、命の洗濯して… 誰も何も言わないから。このツブヤキに対して「感動した」など多くの反響が… あああ、良い話だなあ。でも… これ、どう受け取るの? 君達。ホントにそう思う?
 私は、 ―ちょっとあらたまった時は「私」、ね― このツブヤキに私は100%賛成する。確かに死ぬくらいだったら図書館に行け、と思う。私も図書館をよく使ってるからそう思う。図書館はいいところだ、時々無能で無愛想な職員もいるけど、タイガイ居心地がいいし多くの職員は親切。でもね、「誰も何も言わない」は、普通皆が学校に行ってる時間帯に図書館に来ている子供を放置する、そーゆー事になると思わない? 公立の図書館なんて教育委員会の下部組織みたいなもんだ、不審な、って言い方は正しくない。指導、もしくは援助が必要な子供の存在を上位組織に報告しないワケはないじゃないか。だからといって、君にとって悪い場所じゃないよ、図書館は。ここが難しい所だ。最近も深夜徘徊の中学生殺人事件があった、大人はどうして声をかけなかった、と非難する声もある。声をかけたのは害を成す者だけだった… だから、たぶん、このツブヤキを発した図書館だって、来館者のプライバシーを守ると言いつつも… 子供がいないはずの時間帯に子供がいれば… あああ! チクショウ! いい話が台無しじゃないか! だけど、この国のホントの事だ、しかも君達の事をホンキで考えての事だ。君達に悪いようにはしない、絶対、と思う。だからね、 …図書館の人の成す事に対して幻滅しないでほしい。そして! それから逃げないで。
 図書館の居心地の良さは一時的なもんだ。「君、こんな時間にこんなところで何してんの?」今の君を傷付けるような言葉を発するように思える指導員のオジサンが君に本当の平安を与える、…かもしれない、よ。
 ちょっとヤバイ状況に君がいるだけなら、もちろん2~3日図書館でボウッとすんのもいいかもしんない。でもそこで心の余裕が生まれたなら、ゆっくりと次のステップを考えてほしい。実はホントにマジでヤバい? いやいやいや、これで十分休養が取れたから明日からまた学校へ行くさ。いろいろあるだろうな、そんで教育委員会に行くのも相談施設に相談するのも警察に告発するのもアリだ。悲しい事だけど、真実を伝えよう。ハダカで生まれてきた君は全てのモノを自分で、自分の手でつかまなくちゃならないんだ。たとえイロイロかまって与えてくれる親がいてもね、いなくてもね。
 ゴメンね。君と、多くの夢見る人の夢を壊してしまった。図書館はパラダイス… そんな夢を。でも、パラダイスだからいいってもんじゃない。だから、俺は言う、あの図書館員とはチョット意味が違うけど。さあ、図書館に行こう。いや、図書館を通ってその先へ行こう!  …ああ、言い忘れていた、図書館にはさぁ、自由に読める本があるんだぜ。20150827-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR