FC2ブログ

深夜

 深夜に住宅街を歩く、ふたりで。職場の飲み会の帰り道、彼女を送って行く途中。遠くで車のクラクションや走行音が聞こえる、でもオオムネ静か。もう寒い季節だけど、俺達は帰りたくない、何を話す訳でもないけど、別れたくない、オヤスミナサイを、タノシカッタを、マタアシタを言いたくない。公園が見える、住宅地の小さな公園、いつもの公園。2人ベンチに座る。話す事は無い、お互いに相手を引き寄せ、抱き、いつまでもこのままで… 
 気が付く、どこかで、誰かが口笛を? 低く高く奇妙なメロディがかすかに響く。二人は離れ、職場の同僚としての距離を取る、音源を確かめようと耳を澄ますが、どこからか? 距離は遠く? か細い音色が、でもハッキリと… 夜の口笛は蛇を呼ぶ、そんな母親の言葉を、死んだ母親の言葉を思い出す。
「夜に口笛… 気持ち悪い…」彼女がつぶやく、その瞬間 口笛がやむ。真の静寂。20151212-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR