FC2ブログ

残滓

 うるさい… とても、とてもとてもとてもぉお! ウルサイ! 2年、2年間だよ! 朝から晩まで「でてけでてけでてけでてけでてけでてけでてけでてけ出てけ!」隣のババア、こっちがニートのひきこもりだとバカにしやがって、一日中、際限もなく「でてけでてけでてけでてけでてけでてけ出てけ!」しつこく大音量で流しやがって! まったく! オフクロは何であんなのをほっておく? うるさくないのか? オヤジは? 平気なのか? はあ、くそくそくそくそくそクソおぉお! もうもうもう、もお! 我慢できない… 何時だと思ってんだ今! 窓の鍵を開ける、手が震える、あああ、うまく開けられない、2年間開けてないもんな。でも、でもでもでも、窓を開けて怒鳴ってやるぞクソババア! 鍵に手がクソクソクソ! その時、背後のドアが開く。ババアが立っている、何で家の中にいるんだ? 窓の鍵が動く、窓が開き、雨戸も… 明るい光が部屋になだれ込む。積まれた段ボールや衣装ケースがあふれとても人が住める状態じゃない、2年間も。これは… 
「いないね、成仏した。間違いない」ババアは言うけど、まだいるよぉ、俺はかなり小さくなってしまったけどシッカリいるよぉ。でも、もうすぐ消えるんだろうな、しかたない、思い出した、全部何もかも。2年前、この部屋で、まだ俺の部屋だったこの部屋で、ドアの上の戸当たりにロープをかけて首を吊った。それからずっと…
「それから、ゆーとくけどね、成仏したのはあんたの息子の魂じゃないよ」え? どゆこと? 俺は俺じゃないの?
「アレはあんたら夫婦の息子に拘泥した結果だよ、執着心が産んだマボロシだよ。だからこれは」手にしたラジオカセットプレーヤーのスイッチを入れた、読経の声が流れ出す。「あんた達に聞かせたんだ、あんたらの心に焼き付けられた息子を消すためにね」 俺はぁ、俺ですらなかったの、か? 親の残滓? はぁ… 20160202-3+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR