FC2ブログ

トモダチが来た

 トモダチって、怖くないか?  …夜中の10時にインターホンがチャイムを鳴らす。まだ寝る時間じゃないが、夕食後に酒飲んでるし、明日も仕事早いし、布団の中でTVか漫画でも見ながら… なんてTV見ながらボンヤリ考えてたトコだったのに。で、開けたドアから飛び込んできたのは5年前に音信不通になった大学時代のトモダチ。お互いに就職してからも時々酒飲んだり遊びに行ったりしてたんだが、急にプッツリ連絡取れなくなって、仕事も辞めたみたいで職場に聞いてもワケ解らん状態で… そいつが目の前に、少しやせたか? 「おお! イマジ、久しぶり。どうし」俺がビックリしてんのに奴は玄関に転がる様に入り込みドアを閉め「ああ、挨拶はいい。タチバナァ、悪い金貸してくんない? 50万、いやもっとあれば… 」外を気にしながら奴は言う。50万はある。明日銀行から下ろせば。 …さあ、どうする。友情か? 金か? さあ、今始まったんだ、ゲームじゃ無い、リセット不可、教科書どうりにゃ行かない、決断の時? 最近のニュース、金絡みの殺傷事件。犯人は。トモダチ… 5年間会わなかった。昔と比べると表情が険しい、服装からもすさんだ生活がうかがわれる。今夜一晩かくまって、明日金を渡す? 多分貸した金は、もどっては… トモダチ… それで済むのか? トモダチ… 貸す金はあげたと思え? 人の事ならね。 俺はまだ迷ってるのか? 奴はトモダチだったじゃないか。ハハ、もう過去形? どうする? 俺 どーする …どーしょ ああ、今気が付いた。俺、この状況から逃げる方法しか考えていない。 20160416-5
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR