FC2ブログ

ヨアケマヘ

「ごめんなさい、あなたとは良いお友達でいたいの… 」午後の喫茶店、そう、昔の話さ。彼女は小さい声で、でもハッキリと言った。
 え! そうなの! ラッキー! 俺もう、心配で、不安で、ドキドキで、あんたなんかキライ! ダイダイダイッキライ! って言われるんじゃないかって! トモダチ! アリガトォ! ハッピー! じゃ、明日飲みに行かない? トモダチ同士で! ねねねねね? ね! トモダチだもんね! 行くよね! いぐよでええええええええ…
 独り精神が異常に高ぶって、目が覚めた。夢、か。ああ、心臓がまだドキドキしてる。サイドテーブルの腕時計を見ると、午前4時半。はは。 学生時代、そんな夢みたいに勝手に盛り上がっちまう… なんて事は無かった。 …当たり前だ。さすがに、わかってた「トモダチ」の意味するところは… でも、トモダチかぁ、昔はいた、私にだって。でも、いま、会いたいとは思わない。 この空の下、ドコカで元気で幸せに生きててくれたら、いい。 …だって、「おお! 元気か? 40年ぶりぃ~!」の後に「すまん、20万でいいんだ… 」なんて相談されたとしたら?  …ああ。午前4時45分、自宅のベッドの上で、今俺にトモダチのいない理由がハッキリと、わかってしまった… 20160707-4

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR