FC2ブログ

ウォッチャー

 思い出した昔、小さい頃、家には大きな黒い犬がいて、俺はホントに小さかったんで、その犬に馬の様にまたがって遊んでたんだよ、と親に聞かされてたんだけど、どーせ地面に伏せている犬をまたいで遊んでたんだろと思っていたら、見せられた写真には、すっくと四足で立っているデカい黒犬の背中にしがみついてる子供、俺が写ってた。え? と驚いたが、親が言うには賢い犬で、安心してオマエの面倒を任せられた… おいおい俺はオオカミ育てられたオオカミ少年じゃなくて犬少年かいっ! とも思ったけど。そーいえば、縁側の下で俺が背中を撫でながら「わんわん、わんわん」ってヒツコクくり返し話しかけてた時、俺の顔を正面から見て深いタメイキの後「犬ジャナイ」って小声が聞こえたのは… で、今。彼、って言うかその犬がどうなったのか俺の記憶にないし、勿論すでに死んでしまった両親には確認する事も出来ない。そして犬の寿命は短い、たぶん俺が小学4年生になる前に… けど… だけど… ナンか変なんだ。彼の、その犬の… 名前を思い出せないって何で? 20160724+++
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR