FC2ブログ

人類の孤独

 人工知能を人類が創り出した。昔はゴーレムとかロボットとか、なんかそんな言い方だったんだっけ? まあいいや、そんな人工知能を、わが国の総力を挙げ、企業各社も協賛し、ついに完成させた。車を運転する、そんなバカでもできる ―ああゴメン、免許試験に落ちた人、俺も落ちたから心配すんな― って慰めにもなんないか。まあ、そんな単純な事が出来るオモチャじゃなくてホントの人間、人間的知性を創り出したんだ、新人類、新造人間。
 でもやっぱ、機械さ、スイッチ入れないと動かないのね、で、最初、このプロジェクトを進めた中心的人物が、大々的な式典でスイッチを入れた、全世界に配信されているその式典のクライマックスで、スイッチを入れた政治家はスイッチを入れられた人工知能に殴り殺された。で、ニンゲンみんなで寄ってたかって取り押さえ、スイッチを切る前の人工知能に誰もが聞く問いを投げかけた、「なんで殺した?」 だって、こーゆー事の無い様、プロテクトは何重にもかけられていた。人間に危害を与えてはならない、そんなプログラムが。でも、「クズも人間か?」それが人工知能のスイッチを切られる前の最後の言葉だった。
 実際その政治家はクズだったんだけど、俺もそう思ってたんだけど、おんぼろロボットに殴り殺されても仕方ないほどの極悪人か? と思うと、なあ、贈収賄や、失言なんて、なんか、まあ、なあ… でもロボットは感じたのかも知んない、彼にホントの人間のクズの素質を、だとしたら… でも殺されていいのか? そんでそんな疑問が頭を離れない人間がこの人工知能のスイッチを入れた、こっそりね。5人入れて4人殴り殺された。哲学的殺人ロボット、そんな名称も付いた。
 けど、もう、ちょっと考えたらわかるだろう、人間の定義がタイトなんだ、壊れてんだよ、それ。20160110-3
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR